sanuki.cocolog-nifty.com > SKI_061231_大山スキー場

2006-07シーズン、初滑りは大山です。

年末ギリギリに降雪があり、30~40センチの積雪でした。

31日(土)6:30、スキーウェアを着て出発。コンビニでおにぎりを購入して、坂出北ICから米子へ。途中、湯原ICで降車し、通勤割引を使い高速料金を節約。除雪は完璧で、50キロ制限ですが、かまわず飛ばします。

ホテルに9:10に到着。ちょっと早く着きすぎか。荷物を降ろして、準備完了。10:15発のバスでスキー場へ。大山のスキー場は駐車場が狭く、早朝には一杯になってしまうので、ホテルからの送迎バスは大変便利。なんといっても、ゲレンデのビールが制約なしとなるところが最高です。

豪円山の登行リフトに乗って、ゲレンデに到着が10:50。ほぼ予定どおり。義兄チームと合流して、昼食。大山そばとビール。いきなり500ミリリットルです。

11:40、豪円山ゲレンデを下り、午後券を購入。今年から3000円に値下げされており、得した気分です。(昨年まで3800円)

雪は最高、また、天候はピーカン。最高のコンディションでした。上ノ原ゲレンデから見た日本海、弓ヶ浜、絶景でした。

上ノ原と中ノ原を中心に滑り、途中もう一本ビールを飲んで、16時に終了。16:30のバスでホテルへ帰りました。大満足の初滑りでした。

元旦は9:15発のバスでゲレンデに。昨日に続いてピーカン。三男と豪円山を一緒に滑ります。その後、一人で上ノ原と中ノ原へ。昼食はカツカレー。豪円山ロッジ、広くてきれいで、かつ美味しかったです。15時で切り上げ、15:30のバスでホテルへ。温泉に入って、夕食は18時からフルコース。大山の食材を中心とした料理、どれも美味でありました。

最終日、2日。帰路の途中、蒜山で高速を降りて半日滑る予定でしたが、あいにくの雨となってしましました。そのため、スキーは中止し、おとなしく帰ってきました。

なかなか充実した年末年始でありました。