カテゴリー「マイボート」の記事

2015年10月21日 (水)

船検(定期検査)

本日、マイボートの船検(定期検査)。

昨日(前日)の9:30に電話があり、本日の9:15から開始とのこと。

8:45にボートに行き、法廷備品をアフトデッキに用意。

3年前の中間検査で、信号紅焔の期限切れを指摘されました。

http://sanuki.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-9a03.html

このため、事前に確認し、新品を購入済み。

あと、JCIのHPのFAQで、「ライフジャケットと浮輪に船名か船舶番号を記入しておくこと」が記載されており、これも事前に対応。

結果、本日の検査は20分程度で完了です。

船舶検査手帳と船舶検査証は後日郵送されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年3月12日 (木)

SR-XX

ヤマハのニューボートです。

SR-X のニューオプション。

なかなかカッコ良いです。

http://www.yamaha-motor.co.jp/marine/lineup/boat/fishingboat/sr-x/xx/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年12月 9日 (火)

ボート免許更新

一昨日の日曜日、ボート免許の更新に行ってきました。

自宅から徒歩15分で会場に。便利です。

今回で3回目の更新となります。

つまり15年経過。早いような遅いような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年10月30日 (木)

ボート免許更新

免許更新の案内が届きました。

今度で3回目。

5年ごとの更新ですので、15年。早いですなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年5月25日 (日)

自作オーニングをセット

なかなか忙しくて海に出られません。

約1時間、空き時間をぬって、マイボートに夏準備をしました。

昨年取り換えた自作オーニングのセットです。

http://sanuki.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-e5cd.html

冬の間、キャビンにしまっていたものを取り出し、セットしました。

100円ショップで購入した遮光ネットを利用した簡易版ですが、十分な効果を発揮します。

そろそろ、このオーニングを出して、夏のキスを狙いたいのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月15日 (日)

マイボートの写真

マイボートの写真をいただきました。

11月の末にポイントMでタチウオ釣りをした時のもの。

なかなか自船の写真は入手できないので貴重な写真。感謝です。

今回の写真はデジタル一眼レフで撮影、綺麗に写っており、A4サイズでプリントしていただきました。早速、写真フレームに収めてリビングに飾りました。

Boat201311

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年11月15日 (金)

タブレットで海図GPSプロッタ(その6)

<昨日からの続き>

*********************************
「Plan2Nav」導入記(目次)
 1.「Plan2Nav」ソフトの導入&海図の購入方法
 2.「Plan2Nav」の主な機能
 3.ポイントマークの登録方法
 4.ボートへのセッティング
 5.利用しての感想
*********************************

 5.利用しての感想

 (1)良い点
    ・GPSナビとして、全く問題のないレベル。
     自船の位置もバッチリ。
    ・10インチの画面は大変見やすい。
    ・地図の描画速度も高速でストレスなし。
    ・自作&100円ショップグッズのセッィングキットで問題なし。

 (2)課題
    ・最大の難点は、やはり海図。
     等深線は陸地付近には引かれているのですが、
     沖の方には線がなく、水深(数字)しか表示されない。
     従って、駆け上がりなどの地形が把握しにくい。

     例:手島の北側の海図↓

Screenshot_20131110100744

    ・バッテリーの持ち時間。
     10時間程度は持つと言われていたるが、
     画面を最高の輝度にしパフォーマンス優先設定にしており、
     またWifiを切ることを忘れていたためか、5時間位で
     切れてしまった。再確認する必要あり。
    ・画面スクリーンのスリープ設定。
     最長で30分しか設定できないので、時々画面をタッチする
     必要があり、面倒。(アプリで解消できる?)

 (3)総評
    ・サブのGPSプロッターとしては十分合格のレベル。
     スマートフォン・タブレットを保有していれば、地図代2200円
     だけでこの機能が使えることを考えると、コストパフォーマンス
     は高い。
    ・沖のポイントで等深線がないことは、メバル釣りなどピンポイント
     を狙う釣りのときには致命傷とも思われるが、そこまで神経質に
     ならないキス釣りなどでは気にならないか?
    ・バッテリーの持続時間なども含めて、もう少し使い込んで再度評
     価したいと思います。
    ・まあ、こうした取り組みや自作での艤装自体が面白いとも言えま
     すので、個人的には満足しています。

<当方の導入記は これで完了です。>

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年11月14日 (木)

タブレットで海図GPSプロッタ(その5)

<昨日からの続き>

*********************************
「Plan2Nav」導入記(目次)
 1.「Plan2Nav」ソフトの導入&海図の購入方法
 2.「Plan2Nav」の主な機能
 3.ポイントマークの登録方法
 4.ボートへのセッティング
 5.利用しての感想
*********************************

 4.ボートへのセッティング

  私が利用しているタブレットは、ドコモのdtabという10インチのアンドロイド端末で、ビデオコンテンツに加入すると1万円弱で購入できる格安タブレットです。

  マイボートへのセッティング方法は、車載用のタブレットホルダーなどの利用も考えましたが、結構、高価です。
  今回の取り組みは、低コストが前提ですので、DIY(自作)と100円ショップ活用で行ってみました。

  (1)タブレットケース
     100円ショップでA4サイズのペーパーケースを購入。
     隙間テープを内側に貼り、クッションとする。
     タブレットの画面を操作できるように前面をカッターでくり抜く。
     なお、ドコモのdtabは防水ではないので、ビニール袋に入れて
     本ケースに入れます。(キャビン内にセットするので波などは
     かかりませんが、釣りで汚れた指で画面などを操作しますので
     本対策が必要。)

20131104_104557

20131104_104608

20131104_104736

  (2)台座(スタンド)
     ホームセンターで端切れ板を50円で購入。
     あわせて、タブレットケースを差し込むためのL字金具4個も
     購入(4個で300円位)。
     キャビンへの取り付けは、台座(スタンド)を両面テープで固定。

20131104_085528

20131104_085556

  (3)日よけカバー
     ダンボール箱を加工して作成。黒色の布テープを貼っています。

20131109_104249

20131109_104151

<明日に続く>

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年11月13日 (水)

タブレットで海図GPSプロッタ(その4)

<昨日からの続き>

*********************************
「Plan2Nav」導入記(目次)
 1.「Plan2Nav」ソフトの導入&海図の購入方法
 2.「Plan2Nav」の主な機能
 3.ポイントマークの登録方法
 4.ボートへのセッティング
 5.利用しての感想
*********************************

<注意>
*以下の紹介は、あくまでも私が個人的に実施したものです。
 従って、何の保証もありませんので、参考にされる場合は自己責任で
 お願いいたします。
 トラブルなどが生じた場合でも、当方は責任を負いかねます。

 3.ポイントマークの登録方法

 ③「Plan2Nav」のデータ確認

  ・昨日の記事で述べた通り、「Plan2Nav」でのポイントデータは「favorite」というデータベースファイルに記録されていると思われます。
  ・まず、「Plan2Nav」でサンプルとしてポイントを登録しておきます。

  ・「Plan2Nav」を導入した端末(スマートフォン、タブレット等)のメモリー(Plan2Navというフォルダー)から、「favorite」というデータベースファイルをコピーし、パソコンへ取り込みます。

  ・「SQLLITE」を起動して、「favorite」データベースを見てみるとこのデータベースの構造(項目やレイアウト等)が確認できます。
   (「Plan2Nav」でサンプルとして登録したポイントの名称、緯度、経度で確認できます。)

  *「SQLLITE」ソフトの操作方法はこちらを参照↓
   http://www.kkaneko.com/rinkou/sqlite/sqlitedbbrowser.html

 ③「Plan2Nav」へのデータ追加

  ・手順(概要)は
   (a)「SQLLITE」で、「favorite」テーブルをカンマ区切りファイルとして書きだす(エクスポート)
      (b)このエクスポートされたファイルをエクセルで開き、追加データを登録。
   (注)ポイント名称はパソコンとスマートフォンで文字コード体系が異なるため、漢字で入力すると、取り込んだとき文字化けしてしまいます。

      (c)(b)で作成したデータを「SQLLITE」で、「favorite」データベースに追加(テーブルのクリエイト)
   (d)「SQLLITE」で、(c)のテーブルを「favorite」テーブルに追加(インサート)し、不要となる(c)のテーブルを削除(ドロップ)

 ④端末へのコピー
  ・「Plan2Nav」を導入した端末(スマートフォン、タブレット等)のメモリー(Plan2Navというフォルダー)にある、「favorite」というデータベースファイルを別フォルダーに移動します。(バックアップ用)
  ・上記③で作成した「favorite」データベースファイルを端末(スマートフォン、タブレット等)のメモリー(Plan2Navというフォルダー)にコピーします。
  ・これで終了。「Plan2Nav」を起動すると、一括登録したポイントが表示されると思います。
  *うまくいかない場合は、上記のバックアップ用「favorite」データベースファイルを元のフォルダーに戻します。

<明日に続く>

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年11月12日 (火)

タブレットで海図GPSプロッタ(その3)

<昨日からの続き>

*********************************
「Plan2Nav」導入記(目次)
 1.「Plan2Nav」ソフトの導入&海図の購入方法
 2.「Plan2Nav」の主な機能
 3.ポイントマークの登録方法
 4.ボートへのセッティング
 5.利用しての感想
*********************************

 3.ポイントマークの登録方法

(1)通常の登録方法

  釣行で最重要なのはポイントマーク。
  「Plan2Nav」では、2つの登録方法があります。

  ①地図をタッチして登録
   マークする箇所をタップし、「add favorite」を選択して登録。

  ②緯度経度を入力して登録
   「Search」メニューから 「Go to」→「coordinates」→緯度経度を入力して登録。

(2)一括登録

   一般のGPSプロッターには、ポイントデータなどをメモリーカードにバックアップする機能があり、買い替え時にはその機能を使って、ポイントマークを一括登録できます。
   残念ながら「Plan2Nav」には、そうした一括登録機能は付いていません。
   今回、色々と試行錯誤して、一括登録ができました。
   <注意>
   以下の紹介は、あくまでも私が個人的に実施したものです。
   従って、何の保証もありませんので、参考にされる場合は
   自己責任でお願いいたします。
   トラブルなどが生じた場合でも、当方は責任を負いかねます。

 ①登録用データの準備
  ・利用しているGPSプロッターのデータバックアップ機能を使って、データを用意します。
  ・「Plan2Nav」では、測地基準系が世界測地系、緯度経度が度形式(DD.DDDD)となっていると思われるため、必要に応じて変換が必要です。(当方のGPSプロッターのデータは、測地基準系が日本測地系、緯度経度が度分形式(DDMM.MMM)でした。エクセル(表計算ソフト)の関数を使って変換しました。)

 ②必要なソフトの入手

  ・「Plan2Nav」のデータ構造などは公表されていません。
   従って、以下は、私が個人的に想像(判断)した情報ですので、その旨ご了承下さい。

  ・「Plan2Nav」を導入した端末のメモリー(Plan2Navというフォルダー)をファイルマネージャーで覗くと、ポイントデータが収録されていると思われるファイルが見つかります。「favorite」というデータベースファイルです。
  ・試行錯誤の結果、SQLLITE というフリーのデータベースソフトで編集ができました。
  ・このデータベースを閲覧・編集するソフトは、無料でダウンロードできますし、利用方法もインターネットに公開されています。
   以下のURLの情報を参考にして入手しました。↓
   http://www.kkaneko.com/rinkou/sqlite/sqlitedbbrowser.html

<明日に続く>

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧