カテゴリー「2011釣行記」の記事

2011年11月26日 (土)

ハマチは×

1か月半ぶりの出航です。

天気は快晴、風はほとんどなし。最高のコンディションです。

8:45出港。K君と同行です。

まず、マイボートの調子を確認。

エンジンは一発でかかりました。暖機運転から巡航速度へ。

快調です!

久しぶりのクルージング、最高です。

Dsc01316

さて、今日の釣りは・・・・何が釣れているか情報収集するも、なかなか芳しいものがありません。

その中で「ポイントAのハマチはまだいける」という情報を採用。

9:15ポイント着。

ボートはそこそこいますが、フィーバーの時期とはだいぶ差があります。

まずは、エサのコノシロ釣り。

大群ではありませんが、これは簡単に釣れました。

サバもまじります。

エサをゲットし、やや西に移動。ここにハマチ狙いの船団。

遊漁船もいます。

早速流し始めますが・・・・まったくアタリがありません。

周囲も同様。

本当にハマチはいるのでしょうか?????

ポイントを少しずつ移動しながら釣るものの、アタリはまったくなし。

これはあかん!と思い始めたところ、移動のために竿をあげたK君に予想外の獲物が!

マ○コです。コノシロをつけたルアーにかかっていました。

外道ではありますが、良いお土産ができました。

結局、その後もアタリはありませんでした。

残念ではありますが、最高の天気のなか、久しぶりの出航ができて大満足の一日でした。

13:30納竿。

酒の肴のぶんだけ、持ち帰りました。

Dsc01318

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2011年10月10日 (月)

鯛ラバ 惨敗

8:55 出港。

本日は大潮、満潮が10:20。

風がなく、べたなぎ。空全体にもやがかかっています。

こういう日は釣れんのだよなあ、と思いつつポイントAへ。

9:15ポイント到着。

一昨日に続いて、鯛ラバに挑戦。

巻き・巻き・巻き・巻き・・・・・・・

アタリはありません。

11:30、根掛かりして、鯛ラバをロストしたところで納竿。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月 8日 (土)

カマスとイイダコ

本日から3連休。天気は秋晴れです。

8:30出港。

本日は中潮、満潮が9時。

今日は、先日体験した鯛ラバのポイント開拓が主な目的です。

目標は、ポイントH。

まず、鯛ラバの前に、昨年この時期に釣ったカマスをサビキで狙ってみます。

が、魚影がありません。

しばらく流しますが、アタリなし。

あきらめて、今度は鯛ラバ。こちらもアタリなし。

このポイントを諦めて、さらに北上。魚影をみながら狙いをつけて流しますが、これまた空振り。

もう一度、最初のポイントに戻ると、やや魚影が。

サビキを投入すると、アタリ!

あげてくると、カマスでした。20センチくらい。

ついに来たか!と思い、続けますが、あとはダンマリ。

カマスは諦めて、鯛ラバポイントの開拓に専念。

Hの南端をいくつかやってみましたが、どこも空振りでした。

お昼に近づきました。

午後から用事があるため、多度津沖に戻って、この時期恒例のイイダコ。

船はたくさん出ています。

マリーナのSさんとも遭遇。先週のお礼と本日の報告をすると、Sさんは数日前に鯛ラバであげているとのこと。恐れ入りました。

イイダコは1時間で切り上げ。結構、波があって釣りにくかったですが、イイダコは裏切りません。適量を釣って、13時納竿。

鯛ラバのポイント開拓は、大変ですが、なかなか面白いです。今後も頑張ってみたいと思います。

<追記>

ここまで書いたところで、Sさんから電話。なんと、本日、あの後、鯛ラバで3枚あげたとのこと。お見それいたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月 2日 (日)

鯛ラバ体験記

昨日の釣行レポートです。

マリーナ会員のSさんに鯛ラバの実釣をお願いしたところ、Sさんの師匠との同行を企画していただきました。

高松市東方の港に6時集合。

天気予報は波1Mのち0.5M。その予報どおり、風が結構吹いています。

今日は師匠の船での出航です。漁船タイプの31フィート。風・波の影響もほとんど受けない安定感。良い船です。

6:30出港。潮は中潮、干潮6:30、満潮13:30です。

Bさんは釣りの知識・スキルに加えて、情報通。

魚探にはたいへんな数のポイントがマークされています。

師匠は連荘の出撃だそうで、昨日のポイントから開始しますが、一日違えば状況は変化しています。

1時間ほど流したあと、ポイント移動。

すぐに師匠にヒット!良型の鯛です。

師匠とSさんに教えていただいたように巻き巻きしていると、当方にもアタリ!つい合わせてしまい、バラシ。いつもの釣りの感覚から切り替えるのは、頭で理解していても、なかなか難しいですね。

しばらくして、再度アタリ!今回はそのままのスピードで巻き続けると、ガツンときて乗りました。

ラインが出ていきます。巻き続けると、海面に鯛の姿が。

Sさんがタモを用意してくれ、あと1Mのところで、痛恨のバラシ。残念でした。

その後、師匠が連続で釣り上げます。さすが。

Sさんにもアタリが来て、ゲット。その後もコンスタントに。

二人とも大物も釣り上げました。

11時、ポイントを西方面に変更。最後は元のポイントに戻って14時納竿。

当方は、バラシのあと、アタリが遠のきましたが、師匠とSさんから、巻き方から鯛ラバのカラーなど、釣りながら丁寧に教えてもらい、大変有意義な一日でありました。

また、師匠には、ポイントも何度も変更していただくなど、気を使っていただき恐縮です。

なんとか感覚が掴めたので、次回から自力で鯛ラバに挑戦していきたいと思います。

Sさん、師匠、ありがとうございました。お土産までいただき感謝です。

Dsc01294

右上の最大サイズは、64センチでした。Sさんが釣り上げました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年10月 1日 (土)

今日は鯛ラバに挑戦。

取り急ぎ画像のみ掲載します。

Dsc01291

Dsc01292

Dsc01294

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年9月24日 (土)

ニベ・キス・イイダコ

久々の釣行です。

7:50 マリーナ出港。Kさんが同行です。

秋晴れの素晴らしい天気です。本日は中潮、満潮が8:46。

当初、ポイントFでアジを、と考えていたのですが、良い情報なし。

昨年、今頃にポイントHでカマスを釣ったことを思い出して直行。

さすが、船底塗装をしたばかりです。4500回転で20ノットの走りが戻りました。超気持ちいいです。

ポイントに到着して魚探を見ますが、魚影なし。

それでも、サビキで流します。

一投目でKさんがガシラをあげますが、後が続きません。

1時間ほど流して、キスポイントへ。

深場のポイントで、キスをゲット。どれもビッグサイズ!

Dsc01278

コンスタントにあたりがあります。

Kさんに大きなアタリ!あげてくると、大きなニベでした。

Dsc01276

途中、しんさんからTEL。イイダコをやっているとのこと。大漁のご様子。タイミングがあわず、再会はなりませんでしたが、いつもの元気な声が聴けて良かったです。

昼前には風が強くなってきました。

ラストポイントへ。この時期の定番、多度津のイイダコです。

ボートは30艘くらい。まだシーズン初旬です。

テンヤを投入すると小型~中型のイイダコがあがります。良い感じです。

必要な分だけを釣って、13時納竿。

良い釣行でした。日差しが強く、日焼けしてしまいました。

ボートは港に戻しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年7月16日 (土)

アジはおりません

8:30出港。

本日は、大潮、満潮が11:40。

アジ狙いの出航です。

引きの潮まで時間があるため、まず、ポイントTへ。

保険のキスをやります。

Tの南、西のはじを流します。

思いのほか釣りやすく、ポツポツ上がります。

今日は久しぶりに同船いただいたYさん。

ダブルです。

Dsc01195

先週のポイントHとは異なり、サイズは特大ではありませんでしたが、良型です。

Kさんもコンスタントにあげます。

Dsc01197

1時間キスをやって、本命のアジポイントFへ移動。

マリーナ会員のTさん、すでにやっています。

今日はママカリ調査のあと、アジをやるとのこと。相変わらず元気です。

ボートは4艘のみ。

魚探で見ると、魚影がまったく見えません。

流しても、当たりなし。

1時間ほどやって、ギブアップ。

近くのポイントAに移動し、北、そして西をやりましたが、ここも当たりなし。

結局、最初のキスポイントTへ。

潮の流れは反対になりましたが、ポツポツ上がってきます。

なんと、当方にアジもやってきました。

Dsc01196

13時45分、納竿。

この時期は、保険のキスが良い仕事をしてくれます。

アジはいつ、やってくるのでしょうか?

Dsc01199

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年7月 9日 (土)

キス まずまず

本日は、ゲスト2名を迎えてのキス釣りです。

釣り好きのNIさん、SIさんのお二人です。

7:30出港。

今日は小潮、干潮が11:26。

ポイントはいつものHです。8:00釣行開始。

流し始めると、ポツポツあがります。いずれも大型良型です。

ゲストのSIさんは大物中心。

Dsc01189

NIさんは数も追及。また、アジとフグも釣り上げました。

Dsc01191

10時ころからは入れ食い状態に!どれも大型。25センチオーバーも混じります。

釣りながらの会話も好調。お二人とも、釣りの話になると止まりません。正真正銘の釣りバカさんです。大いに笑いました。

干潮になり、あたりが止まりました。

マリーナのTさんに電話してポイントを移動。やや東のラインを流し、数を稼ぎました。Tさん、ありがとうございました。

昨日の梅雨明けで、今日は夏空。やや曇っており、焼けるような暑さではないものの、汗が止まりません。

13時、納竿。

今日は、まずまずの釣果です。なにより、ゲストお二人に満足いただけてホッとしました。またご一緒ください。

Dsc01193

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年6月26日 (日)

昨日のキス釣り(追記)

昨日は、ようかんさん、その従弟JKさん、そのご子息TKくんの3名をゲストに迎えてのキス釣りでした。

写真を送って送っていただいたので、掲載いたします。

3名ともボート釣りは初めてとのこと。責任重大です。

迷船長がお世話いたしました。

まずは、ライフジャケットの装着から。

014

続いては、エサ(ゴカイ)のつけ方。

046

リールの使いかたに続いて、最後は釣り方。

底を取って、釣りましょう。TK君は釣り好き、なかなか飲み込みが早い。

051

最初に釣り上げたのはTK君です。

021

お父さんも負けてません。ダブルをあげて、面目躍如。

018

竿頭はようかんさんでした。出港早々、帽子を海上に落としたりするハプニングもありましたが、終盤は「キス釣りは会得した」と豪語していました。

057

とても6月とは思えない酷暑のなか、3名とも頑張って釣ってくれました。ありがとうございました。

釣果はイマイチでしたが、最後まで元気に、楽しんでいただけたようで、
迷船長はホッとしました。

やはり、一番印象的なのは、TK君の笑顔。また、遊びに来てください。

066

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2011年6月25日 (土)

キス ようかんさんたちと

本日は長年温めていた瀬戸内海での友人との釣行。

本ブログにも時々コメント頂いている、ようかんさんとの釣行がついに実現!

ちょっと、おおげさでしたかね。

ともかく奈良から、おいでいただきました。

今回はようかんさんのいとこ:JKさんと、そのご子息TKさんも同行。Kさんは岡山市在住です。

今日は9時に坂出北ICに集合、10時過ぎに出港。

3名の初心者に、釣行方法や仕掛けなどを教え、実釣は11時。

ちょっと厳しいコンディションです。

先行してキス釣りをされていた酔軍さんにアドバイスをいただきながら、頑張りました。ありがとうございました。

爆釣にはなりませんでしたが、そこそこ楽しんでいただけたのは?

15時、納竿。

Dsc01181

竿頭はようかんさんでした。

みなさん、また一緒に釣行しましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧