« 今週末 | トップページ | 強風波浪注意報 »

2011年11月19日 (土)

LED電球

我家の照明の電球が切れました。

階段と2階の廊下を照らすもので、60Wの電球を2個使います。

なんの変哲もない照明なのですが、とにかく頻繁に電球が切れます。

まあ、一番スイッチの入切が多いので仕方ないのですが・・・。

電球が切れると、当然、それを取り換えるわけですが、これがまた面倒。

この照明、天井に直付けで、カバーがガラスで結構重い。さらに、そのカバーの取り外し・取り付けが、非常にやりにくいのです。

そんなわけで、電球を取り換えるたびに、なんとかならないかなあ、と思っておりました。

と、いうことで、今回、寿命が長いといわれているLED電球に取り換えることにしました。

ご存知のとおり、LED電球は寿命が長いだけでなく、省エネに優れていて、東日本大震災の節電によって、爆発的に売れています。

おかげで、値段もかなり安くなってきました。

ホームセンターに行くと、パナソニック製のLED電球が売り出し。

485ルーメン、消費電力6.0Wの昼白色のタイプを2個購入しました。1個1080円也。

LEDの照度はルーメンで表すのですね。初めて知りました。

485ルーメンは従来の電球でいうと40形相当のようです。

これまでの60形に比べると、やや暗いのですが、60形相当(810ルーメン)の商品は高価(今回購入品の2倍以上)のため、とりあえず485ルーメンのものにしました。暗くて駄目であれば、トイレや洗面所の照明で利用できるでしょう。

取り換えて、スイッチオン。

結構な明るさです。以前のものよりは、若干暗いですが、支障はなさそうです。

あとは、スペック通りの寿命が続くことを祈るのみです。

ちなみに、商品のパッケージには定格寿命は4万時間と記されています。

4万時間というと、1日4時間点灯したとして、1万日=27年強です。

27年間、電球の取り換えをしないというのは、ちょっと想像がつかないですね。電球が切れる前に、照明自体が壊れるような気もします。

ともあれ、良かったと思って、よくよくパッケージを見ると
「定格寿命は平均値であって、保障値ではありません」との注意書きがありました。

さすがはパナソニック。抜けがありませんね(?)。


|
|

« 今週末 | トップページ | 強風波浪注意報 »

ETC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144207/43070021

この記事へのトラックバック一覧です: LED電球:

« 今週末 | トップページ | 強風波浪注意報 »