« アクセス分析 | トップページ | スキー場に雪が »

仕掛け巻きを自作

この3連休、寒波到来で、風波とも強く、注意報発令中。今日も雪が舞う寒い一日でした。

そんな天気でもあり、また、家事都合も重なり、ほとんどを家で過ごしました。

ゆっくり過ごす休日もまた良いものです。

今日は、暇に任せて、釣りの「仕掛け巻き」を自作いたしましたので紹介します。

これまでは、発泡スチロールの板などを使ってきましたが、これだと、サビキなど針の多い仕掛けをうまく巻くことが困難でしたし、なにより、糸に巻き癖がついていけません。

先日、釣具屋でスプールタイプの仕掛け巻きを購入。これが結構使いやすい。

私が購入したのは、これ↓。

Dsc02018

スプールに糸を巻き、針は中央のスポンジ部分に刺します。

この仕掛け巻きの良いところは、針の収納が簡単というだけでなく、板状の仕掛け巻きと違って、糸に癖がつきにくいということ。

ただ、一個200円程度の価格。ちと高い。それに構造としては単純なものですので、自作も簡単そう。

ということで、インターネットで検索すると、バッチリ出ていました。

aineさんの「爆釣!アオリイカ天国」というブログの2006年7月27日の記事。仕掛け巻きの作り方が解説されています。

http://rungun.naturum.ne.jp/e113918.html

大変わかりやすく説明されていて、また、きれいに作成されています。

このブログを参考にさせていただきました。

まず、材料は、「カラーボード」。100均にて調達。厚さ5ミリA4サイズの板が3枚入っています。100均ではB4サイズなどもありますが、A4サイズがお奨め(理由は後述)。

Dsc02006

これを円形に切り取ります。直径9センチ2枚、直径8センチ1枚で、仕掛け巻きがワンセット作れます。

この切り取り作業が一番の難関(!?)。

上述のaineさんのブログでは、コップにカッターナイフを沿わせて切り取っていましたが、きれいに切り取るのが難しい。まず、円形にすること。また5ミリの厚さがあるので、これにササクレをいれないこと。

不器用な小生は、コンパスカッターを購入しました。ホームセンターで398円。

Dsc02007

黒い部分が中心の針。これが移動でき、半径を固定することができます(目盛りも着いています)。写真左の部分にカッターがついています。

これで、カラーボードをカットします。

Dsc02009

このコンパスカッター、実は薄い紙や皮を切るためのもの。(厚みのある板などを切るカッターも市販されていますが、2000円位します。)

従って、切り方にコツがいります。

まず、一気にカットしないこと。刃の部分に力をかけず、1周で1ミリくらいを切る感じ。2週くらいさせて、今度は裏返しにして2週。これできれいに切り抜けます。

また、カッターを回すよりも、ボードを回すほうがきれいにカットできます。上に「ボードはA4サイズが良い」と書いたのは、このため。あまり大きいとボードを回しにくいでしょ。

Dsc02011

A4 1枚から、直径9センチが6枚取れます。これの周囲に、ラインをはさむ8本の切込みを入れます。

同様に、直径8センチの円盤を切り取り、これらを両面テープで貼り合わせて完成。

上から見た写真↓。9セット作成。

Dsc02015

横から見た写真↓。

Dsc02017

仕掛けを巻いたら、チャック付きのビニール袋(これも100均で購入)に入れて出来上がり。

A4の3枚のボード(100円)から6個作成できますので、1個20円弱。お奨めの小物です。

|

« アクセス分析 | トップページ | スキー場に雪が »

釣り」カテゴリの記事

コメント

早速 材料を買い集めました。 (^^;)ゞ

投稿: 榮丸 | 2009年1月13日 (火) 21時19分

榮丸さんは器用そうなので、簡単に作れると思いますよ。

小生は記事の写真には写していませんが、円盤の切り抜きで4~5つ位、失敗しました。いずれも、コンパスカッターの使い方が悪かったためです。1回で切り抜こうとして、刃の方に力をかけすぎたのが原因。

円の中心となる針の方に力を入れて、刃のほうは、ボードにあまり深く差し込まず、ゆっくり切り抜くのが良いです。片面2周、ひっくり返して、反対面も2周させると、きれいに切り抜けました。

それ以外の工程は、特にコツは不要でした。

投稿: さぬき富士 | 2009年1月13日 (火) 21時58分

はじめまして。
仕掛け巻きつくりの参考にさせていただきました。小生も,管理人さまと同じ市販仕掛け巻き愛用者です。1CMの発砲スチロール入れて太すぎました。olfaコンパスカッター無くしたので、100均で購入しましたけどおっしゃるとおり、力入れたら穴が広がってしまい・・ギザギザに・・カットが難しいので、2000円近い円形カッター購入しました。(苦笑)
いつもは2㎜位の薄い発泡スチロールを八枚花びら状に切って交互に巻いていました。これはデザインカッターで切り込めるのでとても簡単です。
今度は市販品を真似て、切れ込みと外にウレタン貼ってみようと思います。うちの方の100均ショップ・ダイソーにはカラーボード有るけどモノが違うのですよね??
言われたとおり、やさしく手間掛けて少しずつ滑らかに切るのがコツですね。あ~コマセシャクリの仕掛けだけ異常に溜まったなー!

投稿: 小市民 | 2010年1月30日 (土) 10時32分

<小市民さんへ>

はじめまして。コメントありがとうございました。

コメントをいただいた記事は、昨年(H21年)の1月にアップしたものですが、検索サイトから「仕掛け巻き 自作」などのワード・フレーズで検索された方々が結構ご覧になっています。

釣り人にとって、仕掛け巻きは利用頻度が高く、自作もカンタンなので、関心が高いのだと思います。
ただ、使いやすい仕掛け巻きを自作するのは、思いのほか難しいですね。

この記事で紹介した仕掛け巻きも、ラインをはさむ切込みが、やや使いにくいです。単純にカッターナイフで切り込みを入れているのですが、もう少し丁寧に加工すればと思いつつ、良い方法がみつからぬまま、1年が過ぎています。

投稿: さぬき富士 | 2010年1月30日 (土) 18時29分

最近釣りをはじめたばかりで色々集めるには何かとお金がかかるなぁと感じているところでこの記事を見つけて今更ながら参考にさせてきただきました。不器用なので見た目はよくないですが、とりあえずなんの問題もなく使用できています。本当にありがとうございました(>_<)

投稿: きむ | 2013年5月 9日 (木) 23時01分

<きむさんへ>

はじめまして。コメントありがとうございます。

仕掛け巻きの記事には、安定してアクセスがあり、釣り人のニーズがよく分かります。

最近釣りを始められたとのこと、この時期が一番楽しいと思います。爆釣をお祈りします。

またコメントいただければ幸いです。

投稿: さぬき富士 | 2013年5月12日 (日) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144207/27062179

この記事へのトラックバック一覧です: 仕掛け巻きを自作:

« アクセス分析 | トップページ | スキー場に雪が »