カテゴリー「2007釣行記」の記事

2007年12月30日 (日)

2007年の釣行振り返り

いよいよ今年もあと1日+αでお終いです。

2007年の釣行、記憶に残る(=記念すべき)出来事を綴ってみたいと思います。(アンダーラインの部分は、釣行記にリンクしています)

<その1>

 なんと言っても、ボートオーナーになったことが最大の出来事でした。念願のマイボート、運よく酔軍さんから譲っていただき、素晴らしいボート釣りの世界が広がりました。

 進水式も多くの方に祝っていただき、とても良い記念となりました。

<その2>

 4月にボートオーナーになってから、ひたすら海に出て釣りました。

 今年はキスが良く釣れ、爆釣が何度かありました100匹を超えたときもあり、ボート釣りにのめり込んでいくのが、自分でも良くわかりました。

 シーズンの最後の頃には、「キスは飽きた」などと不遜な言葉も・・・・・。その後、スランプが訪れるとは知らずに。アホですな。

<その3>

 8月に入り、タチウオが釣れ始めました。初回はマズマズだったものの、徐々にスランプ状態に。

<その4>

 スランプが続き、ボーズという不吉な言葉が登場するようになりました。真夏の暑さにもめげず、海に出続けましたが結果に結びつきません。

 そんな中、Fさん・Kさんとマゴチに初挑戦。ビギナーズ・ラックで釣り上げました。

 今年は3回、マゴチを釣る事ができました。三男と釣ったマゴチも思い出深い

<その5>

 10月までは、大体月に3回~4回は海に出ていました。11月から天候が悪かったりで、月2回のペースにダウン。ストレスが溜まります。

 今年の釣り納めは、酔軍さんとのヒラメ。初めてのヒラメ釣りでしたが、これまた、ビギナーズ・ラックで釣り上げました。

*************************************

今年の釣行回数は、31回。来年は40回を目指したいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (1)
|

2007年12月25日 (火)

ヒラメ(釣行レポート)

昨日のレポートです。

一昨日(23日(日))、釣行する旨をブログにアップしました。いつも拝見する酔軍さん、TAKAさんのHPを覗くと、お二人とも出航予定のご様子。海で会えるかなあ、と思いつつ、翌日の用意などをしていると、酔軍さんから携帯に電話。

なんと、ヒラメ釣りに同船させていただけることに。先々週、酔軍さんのヒラメレポートを見て、掲示板にリクエストしていたのを覚えていただいていたようです。ありがたいことです。

もちろん乗船させていただくようお願いし、同行予定のYさんにも連絡。

そんなわけで、酔軍さん艇で出航です。楽チンです。

8:35出港。ポイントまで約20分。風・波ともなく、絶好の釣り日和です。

Dsc01564

釣り方を教えていただき、早速釣行開始。あわせが難しそう。

流し釣りで何度もトライするも、アタリ無し。基本的に待ちの釣りですな。マゴチ釣りと似てます。必殺の置き竿釣法です。

アタリがあったのは、Yさん。たしかにアジがかじられています。

11時半、満潮。潮流れが変わり、期待が高まりますが、相変わらずです。

12時半、またしてもYさんにアタリ。皆で注目しますが、空振り。

酔軍さんがコーヒーを入れてくれます。なんでもある船です。元気が出てきました。

20071224_005

船を移動するため、竿をあげようとすると、なんか重い!リールを巻いてくると、なんとヒラメです。結構大きいです。

Yさんにタモでアシストしていただき、無事ゲット。典型的な、ビギナーズ・ラック!「釣った」というよりは、「釣れた」というのが正解でしょう。

20071224007

メジャーで測定すると、47センチ。立派なヒラメです。最高のクリスマス・プレゼントをゲットしました。

Dsc01567

13時半、納竿。

Dsc01573

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月24日 (月)

ヒラメ

取り急ぎ、写真だけアップします。釣行レポートは明日書きます。

47センチでした。

Dsc01567

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年12月16日 (日)

アジ

起床すると風の音が聞こえません。早速5時の天気予報をチェックすると、波1Mのち0.5M。

高松海上保安部のHPでは、六島灯台の風速、3M~5M。とりあえず、マリーナまで行き、海の様子を見て出航を判断することに。Yさんと同行です。

8:45。マリーナからは、2艇が出航したばかり。波は1Mくらいはありそうですが、風はなく快方に向かいそうと判断して、9:00出航。

今日は13:30には帰港しないといけないこともあり、また、波が高くなってもよいように、近場で釣る事にしました。

Dsc01537

9:10ポイント着。カレイを狙ってみます。

Dsc01543

風裏で波も穏やか。風も無く、のんびり釣れますが、肝心のアタリ無し。

釣れたのはイイダコのみ。かなり大きくなっています。カレイの仕掛けにかかるとは。

相方のYさんとは、前回も同様のパターンで開始しました。そして、最後にサビキでアジとサバを釣りました。たった1匹ずつでしたが・・・。その例に習って、ということで近場のポイントに移動。

Dsc01547

それにしても、船が少ないです。このポイントも最初は私達のみ。

頼りは、GPS魚探のポイント・マーク。酔軍さんの戦歴ともいえる貴重なマークです。

しばらく流すと魚影あり!Yさんに声をかけると、小生の竿にヒット!アジです。

続いてYさんにもヒット!これまたアジ。ついに爆釣か!と二人で喜びますが、後が続きません。

このパターンは、前回と全く一緒。結局、13:20まで、この近辺でやりましたが、あきまへん。

小生:「前回と全く同じパターンですな。いわゆる「一発屋」ですか。」

Yさん:「「一発屋」というよりは、「一匹屋」やろ」

Dsc01550

まあ、釣果はさえませんでしたが、思いのほか良いコンディションで良かったです。

最後はいつものとおり、フルスロットルで帰港。スカッとするわ。

Dsc01552

*ボートにマリーナのマスコット、イルカのシールを貼りました。海で見かけたら声をかけてください。

Dsc01553

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年11月25日 (日)

サバ・タチ・イイダコ

3週間ぶりの釣行です。Yさんと同行。

8:15マリーナ出港。まず近場でタチを狙いますが、アタリ無し。

Dsc01522

9:30 諦めてO島へ。フルスロットルで飛ばします。気持ちいい~!

Dsc01526

落ちキスが釣れるということでしたが、1匹のみ。

今度はF島へ移動。アイナメ、ベラなどが釣れます。しかし、狙いは青モノ。サビキで何度か流すと、ついに小生にヒット!25センチクラスのサバです。

Dsc01534

続いてYさんもヒット!こちらは30センチクラス。ついに爆釣か!と思ったものの後が続きません。

Dsc01535

多度津に戻って、イイダコ。これは裏切りません。飯も入ってきました。

最後、もう一度タチウオ。ジグにヒット!3つもジグをロストして、釣れたのは1匹のみ。

まあ多少不満は残るものの、天気もよく、波も無く、ストレス発散できました。16時納竿。

マリーナに戻ると、コノシロが爆釣とのこと。お土産をもらって帰宅。

Dsc01536

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年11月 4日 (日)

タチウオ リベンジ(?)

FさんとO君とでタチウオ狙いです。

O君とは、10月14日にタチウオをやりましたが、コンディションが悪く2人で4尾。O君は、その時が初のタチウオ釣り。リベンジをしたいとのリクエストを受けての釣行です。

本日は早起きして、6:20マリーナ出港。良い天気で波も穏やかです。今日はなぜか3時に目が覚めてしまいました。リベンジに燃えるのは、小生も同じ。

Dsc01332

7:00ポイント到着。有名なポイントですが、シーズン終了に近いのか、船は20艘程度です。

一投目、O君がいきなりタチウオをゲット!幸先良し。

しかし、あとは散発・・・・・。詳細を報告する気力がありません。周囲もあまり釣れていませんでしたが・・・・。

結局、竿頭はO君。圧倒的釣果でした。といっても、合計7尾どまり。残りの二人の釣果報告は、割愛させていただいます。(ボー○ではありません)

マリーナに戻ってきて、先週と同じポイントで最後の悪あがきをしたところ、なんとFさんの一投目にマダコが!イイダコではありませんよ!タチウオのテンヤで釣るとは!この一発で、Fさん、上機嫌になりました。

12:30納竿。

不完全燃焼なのは小生。いつになったら爆釣レポートができるのでしょうか?

Dsc01334

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2007年10月28日 (日)

釣れません

タチウオが釣れているというマリーナ情報。昨年も、そのポイントでたくさん釣りました。

爆釣間違いなし、といさんで、8:00にマリーナへ。

ところが、最新情報では不調とのこと。不安が胸をよぎりますが、ともかく、8:10マリーナ出港。本日は単独釣行です。

8:15開始。すでに15艘ほどのボートが出ています。30分程度、竿を出すものの、全くアタリ無し。周囲の船も同様。

今日はジギング。水深はたいしたことは無いのですが、巻き巻きも疲れます。

9:15、酔軍さん艇登場。常連のFさん、Kさんも一緒です。

10時過ぎまで粘りますが、全くアタリ無し。酔軍さん艇も移動していきます。

当方も、移動。S島、A島をめぐります。、島もやっと紅葉が始まっています。

Dvc00002

そしてタチウオのポイントHまで足を伸ばしますが、ここも駄目。

結局、また最初のポイントに戻ってきました。船は7~8艘いますが、釣れている雰囲気なし。

今日も先週に続いてボウズ(正確にはイイダコ以外)か・・・と思いながらリールを巻くと、本日初めてのアタリ。これはタチウオです!

あげてくると、指4本サイズ。なんとかボウズは免れました。しかし、後が続きません。

13時納竿。爆釣の日はいつ訪れるのでしょうか?

Dvc00001 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年10月21日 (日)

アオリ・マゴチ惨敗

用事の予定が変更となり、急遽出航となりました。Kさんを誘って、アオリ・マゴチを狙うことに。

まずは、マゴチの生餌、ハゼを釣るために、8:00 K川河口に集合。早速、竿を出すものの全くアタリ無し。30分ほどやって、やや上流にポイント移動。多少はアタリがでるものの、全部で8匹程度。それもKさんがほとんど釣りました。第一ラウンドから負け。

10:10マリーナを出港。イイダコ釣りの船がすごい数出ています。今年はポイントが西に寄っているのか、マリーナの前にもたくさんの船。

アオリをやるため、近場の島を二つハシゴ。全くアタリなし。第二ラウンドも負け。

Dsc01314

ハゼのえさ、ゴカイが余っているので、マゴチの前に落ちギスでもやろうと、ポイント移動。しかし、ここも全くアタリなし。第三ラウンドも負け。

Dsc01320

いよいよ、マゴチに。今度こそ、と竿を出すものの、これまたアタリなし。エソも来ません。一体どうなっているのでしょう。第四ラウンドも負け。

唯一のヒットは、Kさんのフグ。今年はフグがほとんど釣れていないなか、良形の20センチクラスをゲット。さすがKさん。

Dsc01321

ラストは、お決まりのイイダコ。この時期のボウズ逃れ、最高の保険であります。

朝より船団は西に移動しています。ここは、竿を出すと即ヒット。ありがたいことです。先週よりも、よく釣れます。入れ食い状態です。また、一回り大きくなっています。15分ほどして、15:00納竿。

本日は天候は秋晴れ、風も波もほとんど無く、最高の釣り日和でしたが、貧果に終わりました。完全ノックダウン。下手な船頭、深く反省した一日でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年10月14日 (日)

タチウオ(その5)

朝5時の天気予報、波1M。海上では風強しとのこと。

ところが、我が家の周囲では全く風無し。愛媛県東予、岡山県南部の波は0.5Mの予報。香川県東部は波が高そう。小生が出かける西讃は大丈夫と判断しました。

7:40マリーナ出港。O君との二人旅です。狙いはタチウオ。マリーナ情報では、最近、あまり釣れていないとのこと。不安を抱えながら、ポイントを目指します。

Dsc01294

当初、遠征ポイントを考えていましたが、波と風が強まることを想定し、その手前で釣る事にしました。O君は初めてのタチウオです。

8:00ポイント到着。船は4艘しか出ていません。魚探にも魚影なし。とりあえず竿を出しますが、全くアタリなし。

波もそれほどでもないため、当初の遠征ポイントまで足を伸ばすことにしました。ところが、ポイントに近づくにつれて、波が高くなってきました。今日は東風。最初のポイントは東側に島があり、そのおかげで波はそれほどでもなかったのでしょう。

船は50艘程度出ています。

Dsc01296

波の穏やかな風裏に移動。船団からは離れますが、船団もそれほど釣れていない様子なので、昨年実績のあるポイントで竿を出します。

すると、O君にヒット!なんと、開始5分程度です。上げてくると、立派なタチウオです。

これまで、当方の操船するボートで、タチウオをやったYさん、Tさん、そして、今回のO君、3名とも初めてのタチウオ釣りで投入後10分以内にヒットしています。タチウオの「ビギナーズラックの法則」とでも言いましょうか。なにはともあれ、良かった&良かった。

Dsc01302

その5分後、今度は小生にもヒット。電動リールで楽チン巻上げ。こちらもなかなか良形。

そして、また10分後、O君にヒット。小ぶりですが、タチウオはタチウオです。

その後、小生が1尾あげ、11:30納竿。(本日は次男・三男の用事があり、早めに切り上げました。)

合計4尾、と貧果でしたが、タチウオ初心者のO君にお土産ができ、ホッとしています。今夜もタチウオの刺身で一杯やりたいと思います。

Dsc01313

↓酔軍さんと海でお会いしました。獲物を追うように、ぶっ飛ばしていかれました。

Dsc01309

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年10月 1日 (月)

マゴチ(その3)

本日は休暇を取得しての釣行です。

次男・三男の通学する中学校・小学校が創立記念日で休みのため、釣行に誘うために休暇を取得したわけです。なにせ、土日は部活・少年野球で同行できないので、こんな時ぐらいしかチャンスがありません。ところが、次男は本日も部活とのこと。三男と二人旅となりました。

今日は、マゴチ&イイダコのコース。

itanさんから情報をいただき、作戦を練りましたが、まずは生餌を調達しなければなりません。昨日、雨があがってから綾川河口でハゼを釣りましたが、3匹のみ。そんなわけで、今朝7:20から再度綾川でハゼ釣りです。

昨日は満潮、今朝は干潮。まったく様子が異なりますが、9月9日に釣ったようにはアタリがありません。結局9:20までやって、なんとか10匹をゲット。それも小さいサイズ。幸先悪し。

10時マリーナ出港。風・波もなく、穏やかな天候で、絶好の釣り日和です。

10:15ポイント着。平日のため、一艘もいません。

Dsc01274

北側のポイントから流しますが、来るのはエソのみ。貴重なハゼ、外道は遠慮して欲しいものです。

12時を過ぎて、エソ以外のアタリ無し。マゴチを初めてゲットした(9月2日)ポイントに移動。島の近くですが水深は結構あります。itanさん情報も加味して流します。

ついにハゼが残り2匹。気合を入れて流すと、アタリが!引きの調子がエソとは違う感じ!マゴチになれ、マゴチになれ、と念じつつリールを巻くと、マゴチです!三男がタモを用意します。ゲット!

Dsc01280_2

やりました!これで肩の荷が下りました。

最後のハゼをつけて流すと、またまたアタリ。今度はものすごい引き。リールのドラグ、どんどん引かれます。水深16M、そこから50M位引っ張られます。これって、何?

ロッドは五目釣り用の幻風15-210。ロッドが折れそうな引きです。ラインは100Mしかありません。80M位まで引っ張られています。ついにラインを切られました。残念。逃がした魚は大きい、との諺とおりです。

ハゼが無くなったので、多度津沖に戻ってイイダコ。5~6艘が出ています。三男もたくさん釣れました。

Dsc01287

16:00納竿。

マゴチは49センチ。マリーナで写真を取っていただきました。

Dsc01293

本日の夕食は、マゴチの刺身と吸い物、イイダコのぶつ切り。ビールが進みました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|